越中万葉教室

12月6日(木)

万葉歴史館館長 坂本信幸先生をお招きして
「坂本信幸の越中万葉教室」を行いました。

5,6年生がお話を聞きました。

家持が伏木にいた約5年間に詠んだ300首以上の歌を「越中万葉」ということ
万葉集で一番詠まれている鳥は「ほととぎす」で、そのうち63首を家持が詠んでいること
「かたかご・つまま・あゆの風・あしつき」等、越中の言葉(方言・孤語)が詠まれていること
5,6年生が練習している「万葉かるた」の歌を解説しながら教えていただきました。