ぽかぽかハート

児童会の活動で「ぽかぽかハート」になるための活動をしました。

現在も子供たち一人一人が考えた「あったか言葉(自分が言われたらうれしくなる言葉)」が教室や廊下に掲示されています。


一番多かったあったか言葉は、「ありがとう」で22%の子供が書いていました。
次に多かったのは一つの言葉ではないですが、「がんばったね・ナイス・すごいね…」等の自分を認めてもらえる言葉で、19.9%でした。
そのほかに「一緒にがんばろう・一緒に〇〇」という仲間を感じられる言葉が14.7%でした。

自分が言ってほしい「あったか言葉」を自分で使っていくことで、「ぽかぽかハート」になる子がいっぱいの伏木小学校になってほしいです。

避難所閉鎖

7月6日(金)
大雨の影響により、昨日15時より開設していた避難所は、本日午前9時に閉鎖となりました。

子供たちは、元気に登校し平常通り授業を行っています。