高砂 練習開始です。

1月9日(水)
2月16日(土)に行われる創校記念式で、祝芸として5年生が演じる(能「高砂」)の練習が始まりました。
今から111年前、敬老会で上演されたのが始まりだそうです。

今年も伏木宝生会の皆様にご指導いただきます。



子供たちにとって、鼻濁音が難しかったようです。
声はしっかり出ているとほめていただきました。

社会科見学(6年)

12月12日(水)

6年生は社会科「わたしたちの生活と政治」の単元で、子育て支援の願いを実現する政治を学習しています。
本校の隣にある伏木児童館にお願いし、見学させていただきました。

子供たちが普段利用させていただいている施設ですが、お話を聞いてみると知らなかったことがいっぱいだったようです。

そもそも児童館はなぜあるのかから始まり、年齢に応じた遊びの道具があること、子育て支援をしていること、感染症等の予防のため乳児の入る部屋には衛生面で特に気を付けていること等々
たくさん教えていただきました。

実際に、遊ばせてもいただきました。


真剣にお話を聞き、学習していましたが、遊ばせていただいた時間が子供たちにとって、一番よい時間だったかもしれません……

利用させていただくときは、マナーを守ってね!

 

箸の持ち方

先週5日間、給食委員が各クラスを回り正しい箸の持ち方の説明をしました。
箸を持つ位置
上の箸を人差し指と中指で挟み、親指で軽く押さえること
上の箸を動かすようにして使うこと等
実演しながら説明をしました。

上手に箸を使える伏木っ子がたくさんいました。
感心しました。

書初練習

12月10日(月)

12月に入って、書き初め練習が始まっています。
2年生が、栃原先生の指導を受けました。
「あさ日」を書きます。
とめ・はねを意識して、練習しました。

3年生は、初めてだるま筆を使って書きます。
「広いうみ」を書きます。
太く書くことができるように、がんばっています。

ミニ集会(図書委員会)

12月7日(金)

授賞式の後、図書委員会の集会が行われました。

「はらぺこあおむし」でお馴染みのエリック・カールの本「できるかな?」の紹介です。
本の内容に合わせた歌で、みんなで体操をしました。


みんな笑顔で体を動かし、とても盛り上がりました。

越中万葉教室

12月6日(木)

万葉歴史館館長 坂本信幸先生をお招きして
「坂本信幸の越中万葉教室」を行いました。

5,6年生がお話を聞きました。

家持が伏木にいた約5年間に詠んだ300首以上の歌を「越中万葉」ということ
万葉集で一番詠まれている鳥は「ほととぎす」で、そのうち63首を家持が詠んでいること
「かたかご・つまま・あゆの風・あしつき」等、越中の言葉(方言・孤語)が詠まれていること
5,6年生が練習している「万葉かるた」の歌を解説しながら教えていただきました。

歯みがき講座(保健委員会)

学校保健委員会で歯みがきの必要性を学びました。
そこで、正しい歯みがきの方法を知ってもらうために、児童保健委員会の子供たちが各教室をまわって、「歯みがき講座」を行っています。

12月10日(月)から、全校で「歯みがきチェック週間」を実施します。正しく歯をみがき、むし歯ゼロを目指したいですね。