5時間目の授業から…

7月20日(金)

1学期も残すところ、あとわずかになりました。

5年1組は、家庭科です。
「ボタン付け」と「名前の縫い取り」のまとめの学習です。
みんなチクチクがんばって取り組んでいます。

1年1組は、生活科です。
暑いので、廊下にアサガオの鉢を移動して観察をしました。
学校での観察は、最後になります。
夏休みにお家で、世話と観察を続けてください。

踊り練習

7月18日(水)

5時間目に3~6年生が「伏木けんか山七福神音頭」と「伏木帆柱起こし祝い唄」の踊りを練習しました。
源常先生を始め「弥紀(みのり)の会」の皆様に来ていただき、短時間にポイントを絞って指導していただきました。

「イヤサー! イヤサー!」
「アリャ アリャ ドッコイショ!」
暑さを吹き飛ばすような、大きな掛け声が響いていました。



3年生以上の希望者が、7月29日(日)に行われる「伏木港まつり 町流し」に参加します。

水泳学習(5・6年)

7月11日(水)
6月のプール開き以来、体育の時間に水泳学習に取り組んでいます。
低学年は、水に慣れ親しむこと
中学年は、正しい水中での姿勢を身に付けること
高学年は、遠泳大会に向けて長い距離を泳ぐこと
それぞれ目当てを決めて、練習しています。

高学年の練習では、一定の間隔でゆっくり伸びながら長い距離を泳ぐ練習を繰り返しています。昨年遠泳大会を経験した6年生は、しっかりと泳ぐことができています。
5年生も6年生に負けずにがんばっています。

隊列を組んで泳ぎ続けることを覚えるために、プールは足をつくことができるのですが、前が詰まったときは立ち泳ぎをして距離を保ちます。
(⇩右端の子がそうです…とても分かりにくいですが…)

泳ぎが得意ではない子にとってはとても大変なことですが、みんなで声をかけ合って取り組んでいます。

おはなし会

7月11日(水)
「高岡おはなしの会」の飛鳥さんと石丸さんに来ていただき、「おはなし会」を開きました。
「素話」といって、絵本や紙芝居など一切の小道具を使わずに話す素朴なお話です。
絵本のように絵がない分、自由なイメージで物語を受けとめることができます。
今日は、4・5・6年生が、日本の昔話や外国の民話を聞きました。
ろうそくの火が点いている間が、おはなしの時間です。



子供たちは、「おはなしの世界」にすっかり入り込んでいました。

みなと見学会

7月4日(水)に5年生が「みなと見学会」に参加しました。
地元港湾の見学を通して「みなと」の役割と重要性について理解を深めることを目的としたものです。
国土交通省伏木富山港湾事務所や高岡市みなと振興課にお世話いただき、4班に分かれて船上から、そして、新湊大橋の「あいの風プロムナード」を歩きながら港を見学した。

 

7/5北日本新聞朝刊、北日本新聞webunでも紹介されています。http://webun.jp/item/7476528

外国語(5,6年)

6月28日(木)

6年生の外国語の授業は、道案内です。
建物の名前を覚えました。
デパート ⇨ Department store
コンビニ ⇨ Convenience store等  日本語と英語の違いも学習しました。

5年生は、自分の好きなものを話したり、相手の好きなものを尋ねたりする学習をしました。