舞 かたかごの花

創校記念式の祝芸で4年生が踊る「舞 かたかごの花」の指導に、伏木在住の
藤間流師範 藤間香寿富先生が来てくださっています。

これまで、教員や前年度に踊っていた5年生が指導をしてきましたが、一つ一つの動作の意味を分かりやすく解説しながら教えていただきました。
子供たちは、ポイントを押さえた指導に納得です。

今年は、より優雅に美しい舞にリニューアルします。

高砂 練習開始です。

1月9日(水)
2月16日(土)に行われる創校記念式で、祝芸として5年生が演じる(能「高砂」)の練習が始まりました。
今から111年前、敬老会で上演されたのが始まりだそうです。

今年も伏木宝生会の皆様にご指導いただきます。



子供たちにとって、鼻濁音が難しかったようです。
声はしっかり出ているとほめていただきました。

万葉かるた練習2

12月27日(木)

冬休みに入って2回目の万葉かるた練習です。
「第40回越中万葉かるた大会」に向けての練習です。
今日は、4年生以上の希望者87名が参加しました。

練習は、50首毎に4回札を取り合います。
1回戦毎に取った札の数で、対戦相手を交代します。
まず、札を並べ、5分間で札の場所を覚えます。

後は、集中力!
今日も真剣に取り組んでいました。

第40回越中万葉かるた大会は、1月20日(日)
ふくおか総合文化センター(Uホール)で開催予定です。

越中万葉教室

12月6日(木)

万葉歴史館館長 坂本信幸先生をお招きして
「坂本信幸の越中万葉教室」を行いました。

5,6年生がお話を聞きました。

家持が伏木にいた約5年間に詠んだ300首以上の歌を「越中万葉」ということ
万葉集で一番詠まれている鳥は「ほととぎす」で、そのうち63首を家持が詠んでいること
「かたかご・つまま・あゆの風・あしつき」等、越中の言葉(方言・孤語)が詠まれていること
5,6年生が練習している「万葉かるた」の歌を解説しながら教えていただきました。

ふるさと博物館ツアー

11月20日(火)
児童会広報委員会の企画で、2限後の休み時間に「ふるさと博物館ツアー」を行っています。
11月19日(月)~27日(火)の期間です。
学年毎にふるさと博物館の4つの部屋を回り、クイズに答えます。

始めに広報委員からの説明です。

各展示室を回り、解説を聞きます。

4つの部屋で解説を聞いた後、自由に展示室を回りクイズの答えを探します。


昔の生活と今の生活の違いを知ると共に、自分たちが住む伏木に興味をもってほしいと思います。

ものづくり・デザイン科(5年)

9月12日(水)

5年生のものづくり・デザイン科の実習が始まりました。
錫のフォトフレームを作ります。

今日は、槻間先生、蓮野先生に来ていただきました。
講師の先生に教えていただきながら、原型を作りました。
シートワックス、紐、紙などを使って自分のデザインを形作っていきました。


9月21日(金)に地場産センターで、鋳込み作業を行う予定です。